バストアップマッサージは乳がんの早期発見にもなります。

MENU

日々のバストケアで胸の異変にも早く気付ける!

バストアップマッサージと乳がん

 

乳がんは、他人ごとではなく、今や15人に1人くらいの割合でかかる女性特有の病気ですね。

 

北斗さんの涙ながらの記者会見など、頭をよぎります。

 

さて、バストアップマッサージは本来胸を大きくするために行うものですが、
毎日のケアをすることが実は乳がんの早期発見にもつながるのです。

 

乳がんについて
乳癌は乳腺組織に特有のがんのことで、30代から増加し始めて、40代後半が一番多く見られる病気です。緊急に発見すれば、大半が完治するというのが一般的ですので、未然に回避、早期発見へ努めましょう。(^^♪

 

セルフチェックの方法は@ミラーの前に立って形状を検証します。

 

両方異変がないか、陥没している所はないか目で確認するのです。

 

Aすべてを触れて調査します。人差し指、中指、薬指を、揃えた指の腹でバストトップに向いてくるくると乳輪にしこりがないか幾度も詳しくチェックしていきます。

 

Bバストトップをソフトにつまみ、分泌液がが出てこないか検証するのです。

 

C上を向いて寝て、AとBを同じように確認します。生理後の乳房がふわふわしているので、そんな時に、ひと月に一度確認していると良いです。

 

バストケアしながら同時に行って見てくださいね!

 

>>バストアップジェルならこちら